ひろがりの打ち上げおよびISSへの輸送が完了しました

当センターで開発しました超小型人工衛星「ひろがり」の打ち上げおよびISS(国際宇宙ステーション)への輸送が完了いたしましたのでご報告いたします.
打ち上げは日本時間 2月21日02時36分にアメリカ合衆国バージニア州のNASAワロップス飛行施設よりアンタレスロケットにて行われました.
なお,ひろがりは米国民間補給機シグナスに搭載されており,シグナス補給船はJAXA宇宙飛行士 野口聡一氏およびNASA宇宙飛行士 Mike Hopkins氏によるロボットアーム(Canadian Arm 2)の操作によりキャプチャされました.同日ISSにドッキングされており,ひろがりを含めた貨物はISS内部に運び込まれました.

各フェーズが行われた時刻は以下の通りです.
打ち上げ:2月21日 02:36(JST)
キャプチャ:2月22日 18:38(JST)
ドッキング:2月22日 21:16(JST)

超小型人工衛星「ひろがり」記者発表を開催いたしました.

2021年1月29日,当センターならびに室蘭工業大学 航空宇宙機システム研究センターによる,超小型人工衛星「ひろがり」記者発表を開催いたしました.

 

記者発表と取材の様子は,ニュース放送映像よりご覧いただけます.(放送から約1週間でページが削除されてしまうため,リンク切れの場合はご了承ください)

NHK(関西):https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20210129/2000040634.html

関西テレビ:https://www.ktv.jp/news/articles/05f13a6a_a2e1_407d_82a0_1c2864a223af.html

テレビ大阪:https://www.tv-osaka.co.jp/news/articles/20210129-00000001/

NHK(北海道):https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20210129/7000030015.html

 

記者発表ではひろがりの宇宙での様子を再現したアニメーション動画を初公開いたしました.

ひろがりが宇宙に行くまでの流れ,宇宙でのミッションについて分かりやすく再現されておりますので,ぜひご覧ください.

本動画は,大阪府立大学 学生団体SYSTEMの稲垣 祐真様(ポートフォリオ)に作成していただきました.この場を借り,お礼申し上げます.

 

また,「ひろがり」では,宇宙に届けたいメッセージや,世界中に発信したいメッセージを皆様から募集しております.以下のリンクより応募を受け付けておりますので,奮ってご応募ください!

https://www.sssrc.aero.osakafu-u.ac.jp/messageboxservice/

「ひろがり」メッセージ応募フォームを公開しました.

「ひろがり」では,宇宙に届けたいメッセージや,世界中に発信したいメッセージを皆様から募集します.
応募いただいたメッセージはこちらで「ひろがり」に送信した後,そのメッセージを「ひろがり」が発信することで,世界中のアマチュア無線家がそのメッセージを受信できるようになります.また,「ひろがり」に送ったメッセージ内容や,アマチュア無線家が受信した報告については,HPにて随時公開します.
案内チラシはこちらからご覧いただけます.

【募集要項】

  • 応募資格:どなたでも
    • 募集内容:ひらがな26文字(または、アルファベット26文字)以内の「宇宙に届けたい」「世界中に発信したい」メッセージ(※1)
  • 募集期間:2021年1月~2021年5月末
  • メッセージ送信期間:「ひろがり」運用期間中(2021年5月~初夏ごろ)

※1 メッセージの文字数制限が変更になりました
※応募要項の内容は変更になる可能性があります.
※応募者多数の場合には、こちらで送信するメッセージを選別させていただく可能性がございます.

メッセージは以下のフォームよりご応募ください.
必要事項をご記入の上,「送信」ボタンを押して応募完了となります.

たくさんのご応募をお待ちしております.